【山口県】日本屈指の大鍾乳洞『秋芳洞』を紹介

旅行

こんにちは、お出かけ大好きめいりです。

先日友人と二人で一泊二日の山口旅行へ行ってきました。

二人とも山口県はほぼ観光したことがなかったので王道スポットである『秋芳洞』へ行きました。

秋芳洞がどんなスポットなのか、写真もたくさん使って紹介します。

スポンサーリンク

実際に行ったレポート

今回紹介するのは山口県美祢市にある秋芳洞です。

日本屈指の大鍾乳洞であり、国の天然記念物に指定されています。

入洞するまで

駐車場に停めて両脇にお店が並んでいるのを見ながら進むと受付に。

入洞料支払ったら鍾乳洞へ。

受付の建屋を出たら鍾乳洞までの道は木々に囲まれて気持ちよかったです。

入る直前は水が出ているので橋を渡りました。

秋芳洞の中

中に入るとけっこう広かったです。

光があるので歩くのは問題ないですが、写真撮ると結構暗いです。

同じ場所でも友人のスマホカメラで撮ると光の量の調整してくれて見やすくなりました。

層の違いが見られます。水もあります。

百枚岩です。

お皿のように薄い層が何枚も重なっています。

地下水に多く含まれる炭酸カルシウムが長い年月をかけてつららや層を作っているのが面白いです。

長い年月っていうのが〇万年というのが面白いです。

黄金柱です。

どのくらいの年月かけたらここまでできるのでしょうか。

龍の抜穴という場所です。

龍が抜けそうなくらい大きい穴です。

どの場所で見ても自然の力に驚かされました。

全長1kmもあって広いです。

出るとき光が差しているのがまた綺麗でした。

基本情報

秋芳洞

アクセス

山口県美祢市秋芳町秋吉3449番地1

近隣に有料駐車場あります。

下関駅、山口駅、新山口駅などからバスが出ています。

入洞時間

8:30~17:30 閉洞18:30 ※3月~11月 通常期
8:30~16:30 閉洞17:30 ※12月~2月 閑散期

入洞料

高校生以上1,300円、中学生1,050円、小学生700円です。

20名以上なら団体割引もあります。

まとめ

今回は山口県の王道観光スポットである『秋芳洞』を紹介しました。

自然が時間をかけて作ってきた姿を目や肌で感じることができました。

これまでに高知県にある鍾乳洞『龍河洞』よりも大きく、全長1kmもありました。

水で地面が濡れていて滑りやすい場所があるので滑りにくい靴で来るのがおすすめです。

ぜひ秋芳洞にきて自然の偉大さを実感してみてはいかがでしょうか。

めいり

コメント

タイトルとURLをコピーしました